【ベガリアとヴィトックスα】どちらが効果ありそうか比較してみた

MENU

ベガリアとヴィトックスαの特徴比較

 

ベガリアとヴィトックスαの基本的な情報を比較すると、どちらも通常価格は同じ19,800円です。

 

(※この記事作成時点のベガリア、ヴィトックスα共に割引価格が適応されており、ベガリア1箱13.860円、ヴィトックスα1箱12,800円です)

 

ベガリアは内容量が1日2粒から4粒で1箱合計120粒ありますが、ヴィトックスαは1箱30粒しかなく、1日1粒確実に飲む感覚となります。

 

この時点で考えると、ベガリアは摂取量を体質や成分への慣れに合わせて調整できますが、ヴィトックスαは調整ができないため、一度体調に問題があると飲み方を工夫できず、結局摂取を長期間辞めなければいけなくなるでしょう。

 

健康面を考えるとこの飲み方の違いは意外にも重要なポイントで、ベガリアのほうが柔軟に対応できます。

 

通常価格は同じで割引額は常に同じとは言い切れませんので価格の差はここではほぼないと言うのが妥当です。購入できるストアに関してはヴィトックスαはAmazonや楽天での購入もできるようですが、ベガリアは大手通販ショップに出品をしていないようなので人によっては不便に感じるかもしれません。

 

基本的に公式ストアで購入したものにしか保証などがつかないのでベガリアもヴィトックスαも公式ストアで購入するのが一番安全です。

 

【べガリア】
1箱通常価格:19800円⇒割引価格1箱13.860円
1箱内容量:120粒

主要成分:L-シトルリン、アカガウクルア末、L-オルニチン硫酸塩、トンカットアリエキス、マカエキス末(マカ抽出物、デキストリン)、亜鉛含有酵母、ガラナ末、金時ショウガ末、ニンニクエキス末、イチョウ葉エキス末、ムイラプアマ(地上部)エキス末、馬睾丸エキス末、すっぽん粉末、マムシ粉末、冬虫夏草菌糸体末、カンカニクジュヨウエキス、α-リポ酸、高麗ニンジンエキス末、クマザサ末、アリ末、サソリ末、蜂の子末、馬心筋エキス末、牡蠣肉エキス、パフィアエキス末、豚プラセンタエキス末(豚肉を含む)、プラセンタエキス末(ウマ)、デキストリン、ヒハツ抽出物 / ゼラチン、L-アルギニン、トレハロース、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、セルロース、ベタイン、香辛料抽出物、ビタミンB12、葉酸
返品保証:なし
送料:一律800円、離島1800円
送料無料条件:30000円以上購入

 

【ヴィトックスα】
1箱通常価格:19800円⇒割引価格1箱12,800円
1箱内容量:30粒

主要成分:L-シトルリン、L-アルギニン、亜鉛含有酵母、ガラナ、マカパウダー、赤ガオクルア(赤ガウクルア)、レスベラトロール、馬睾丸粉末、クジラエキス末、トナカイ角粉末、豚睾丸エキス末、マムシ末、スッポン末、タツノオトシゴ末、鮫軟骨抽出物、エラブ海蛇末、蜂の子末、ヤツメウナギ抽出物、コブラ末、オットセイ骨格筋抽出物、サソリ粉末、鶏肉抽出物、豚軟骨抽出物、豚肝臓酵素分解物、魚肉抽出物、サーデンペプチド、鯉胆粉末、馬心筋抽出物、サケ軟骨抽出物、鶏冠抽出物、ふかひれ抽出物、クリルオイル、結晶セルロース、ゼラチン、ショ糖脂肪酸エステル、γ-サイクロデキストリン、カラメル色素、トンカットアリエキス末、マカ末、高麗人参末、ムクナ抽出物、アカガウクルア末、ボロホ末、ブラックジンジャー抽出物、ヒハツエキス末、田七人参末、ヒマラヤ人参抽出物、ガラナ末、エゾウコギ末、ウコン末、ガジュツ末、冬虫夏草末、イチョウ葉エキス末、無臭ニンニク末、カンカニクジュヨウエキス末、ワイルドヤム抽出物、龍顔肉エキス末、パフィアエキス末、カツアーバエキス末、ロディオラエオゼアエキス末、フェンネル末、アガリクス末、ムイラプアマエキス末(幹)、ヤマイモ粉末、コロハ種子抽出物、春ウコン末、黒胡椒抽出物、ノニ果汁末、西洋人参末、トゲドコロ末、カカオ抽出物、熱帯ウコン末、発酵黒にんにく末、ハバネロ末、ボタンボウフウ末、黒マカ末、ジンジャー末、ゴマ抽出物、クマザサ粉末、酸化チタン、L-オルニチン塩酸塩、酵母(亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン含有)、鉄酵母、ブドウ糖、D-ソルビトール、竹炭色素、微粒酸化ケイ素、L-アルギニン、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、L-リジン塩酸塩、L-グルタミン、L-チロシン、L-トリプトファン、L-フェニルアラニン、L-アラニン、L-プロリン、L-トレオニン、L-ヒスチジン塩酸塩、L-メチオニン、L-シスチン、L-アスパラギン酸Na、L-セリン、L-グリシン、貝カルシウム、酸化マグネシウム、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

 

返品保証:なし
送料:全国一律600円、離島1800円
送料無料条件:送料無料なし

成分数はどちらがいいの?

ベガリアとヴィトックスαでは、ヴィトックスαのほうが成分数は多く、ヴィトックスαには100種類以上の成分が含まれています。

 

しかし、ヴィトックスαはベガリアとほぼ同じ大きさのカプセルに30粒分の成分しか含まれていないことを忘れてはいけません。

 

ベガリアに約40種類の成分、ヴィトックスに約100種類の成分があるとして、1カプセルに1成分あたり1mg含まれていたと仮定するとベガリアとヴィトックスαには、それぞれ1カプセル辺り以下の分量が含まれていることになります。

 

 

397mg÷40=約9mg(ベガリア:仮定)

 

これに対してヴィトックスαも同じ条件1カプセルに1成分あたり1mg含まれているとするとその成分量は以下のようになります。

 

350mg÷100=3.5mg(ヴィトックスα:仮定)

 

 

ここからが重要なのですが、これはあくまで1カプセル辺りの成分量です。

 

ベガリアは1箱に120カプセル入っていますので、これにベガリアは×120、ヴィトックスは×30をすると、

 

1箱辺りの成分量
ベガリア 1080mg
ヴィトックスα 105mg

 

一つのカプセルに封入できる成分量には限界があるので、含有成分数が多いからと言って、それだけで良いと言う事はありません。1つ辺りの成分量の方が遥かに重要です。

 

シトルリンなどは精製濃度なども影響しますが、大抵どんなサプリメントでもシトルリンを過剰摂取しないで済む1日の分量しか入れられないので、ベガリアが公式サイトで推奨している1日4カプセルを守って飲む限り、体への悪影響は無いでしょう。

 

逆に、ベガリアを数ヶ月続けてシトルリンの体内濃度が一定以上で保たれる体になれば、アルギニンとの相互作用により、一定の精力増強効果は体感出来るでしょう。

 

この比較の段階では、ヴィトックスαは成分数が多いため、その成分が作用する箇所は多いかもしれませんが、総合的な濃度、成分量についてはどうしても物理的に少なくなります。

 

逆にベガリアは1箱に120粒入っているため、1粒ごとの成分量は少なくても推奨量の1日4粒を飲めば、かなり多くの成分を補給できるのでベガリアのほうが断然お得でしょう。

詳細な成分量はどちらも非公開

残念ながら実際にベガリア、ヴィトックスαに含まれている成分量を確かめることはできません。

 

公式ストアで両者ともに成分量を隠しているので、この点を考慮するとどちらも似たようなものです。

 

ビタミンサプリメントなどでは成分量を公開するのが一般的で、食事や投薬の可能性のことを考慮できる企業なのであれば成分量の公開は消費者のために欠かせないことですが、残念ながら成分量は公開されていないというのが事実です。

 

特許取得などを理由に成分量を非公開にしているというのは、いわゆる特許の横取り防止、コピー商品や類似商品を予防するためではありますが、健全な企業であれば特許を取得できていない段階で効果が明確にあると断言することは法的にできず、その商品の販売をすることも非常に不誠実なことです。

 

万が一特許を取得できなかった場合は、広告表示の誇大表現にあたり、薬事法に関連する罰則や販売停止などの命令を下されますので、こうした点はヴィトックスαもベガリアも改善が必要な部分です。

購入は自己責任で!ベガリアがおすすめ

成分量の単純計算では、ベガリアのほうが摂取できる分量が多いのは明らかです。

 

また、摂取できる量を調整できるのもベガリアなので、最初身体に慣らすために1日2粒から飲みはじめて、少しずつ推奨量の4粒のペースに持っていけるというメリットがあります。

 

価格に関してはどちらも同じくらいの金額、割引率なのでそれほど比較対象とはなりませんが、ベガリアが1箱120粒に対して、ヴィトックスαが1箱30粒ですので、1粒辺りの価格はベガリアが圧倒的にお得です。

 

また、成分量の非公開については販売会社が決めていることなので消費者側でできることはないですが、少なくとも副作用が激しく起こる可能性は低く、アレルギーなどにも自己責任で気をつけて購入すれば問題はないでしょう。

 

精力剤に関してはシトルリンやアルギニンなどの摂取量を常に高めに維持して安定させる必要がありますので、尿素回路の代謝改善に欠かせないアミノ酸・アスパラギン酸の摂取も合わせてベガリアを利用してみることをおすすめします。

関連ページ

【ベガリアとゼファルリン】どちらが効果ありそうか比較してみた
ベガリアとゼファルリンを比較すると、ベガリアの通常価格19800円、30%OFF価格13860円、ゼファルリン1箱通常価格13800円です。通常価格で比較するとベガリアのほうが高く負担が大きいですが、割引後の価格ではゼファルリンもベガリアもほとんど価格は変わりないです。
【ベガリアとクラチャイダムゴールド】どちらが効果ありそうか比較してみた
ベガリアとクラチャイダムでは根本的に含まれている成分が異なり、価格や販売方法も全く異なるため比較対象としては適さないです。クラチャイダムゴールドは、入会金や送料、代引手数料など諸費用が無料で2箱60粒分を税抜き9000円で購入できます。
【ベガリアとバリテイン】どちらが効果ありそうか比較してみた
ベガリアとバリテインで比較すると、価格が安いのはバリテインです。ベガリアは通常価格19800円、30%OFF価格13860円なため、割引価格で見ればベガリアもバリテインもその差はほとんどありません。
【ベガリアとザゴールド】どちらが効果ありそうか比較してみた
ベガリアとザゴールドを比較すると、ベガリアは通常価格19800円、30%OFF価格13860円ですが、ザゴールドは通常価格16980円です。通常価格ではザゴールドのほうが安いため、1箱だけお試しで使ってみたい方にはザゴールドもちょうどよいかもしれません。