【ベガリアとバリテイン】どちらが効果ありそうか比較してみた

MENU

ベガリアとバリテインの特徴比較

 

ベガリアとバリテインで比較すると、価格が安いのはバリテインです。

 

ベガリアは通常価格19800円、30%OFF価格13860円なため、割引価格で見ればベガリアもバリテインもその差はほとんどありません。

 

ベガリアはいつキャンペーン価格を実施しているかはっきりせず、常に割引価格で購入できるわけではないですが、ベガリアはプロモーションの意味も含めて割引サービスが実施されていると考えられるので、ひとまずはベガリアを選んでも損はないでしょう。

 

送料はどちらもかかってしまいますが、一定の金額以上購入すれば送料を無料にしてもらえるため、3ヶ月分の購入を考えている方には送料の心配はいらないでしょう。

 

成分についてはどちらにもシトルリン、アルギニンが含まれています。似たような成分も含まれていますが、配合比率は異なっているようで原材料名記載順も異なっています。

 

ベガリアは120粒、バリテインは90粒含まれており、ベガリアの摂取量は1日2粒から4粒、バリテインは3種類のカプセルを1種類ずつ、1日3粒摂取する必要があります。ベガリアは1日4粒まで同じ成分を含んでいるものを摂取できるので、摂取量の調整が簡単にでき、万が一好転反応が激しく出たり、アレルギーが出た時には摂取量を抑えやすい上に、原因もすぐにわかります。

 

バリテインの場合は、3種類のカプセルを飲むため、好転反応が出ても、どのカプセルが原因になっているのか分からず、どれを飲まないようにすればよいのかわからないままになります。

 

好転反応やアレルギーの原因を特定するために1粒ずつ実際に飲んでみないといけないという手間とリスクが生じるので、バリテインには少し心配が残ります。バリテインも決して悪い成分は入っていないため、アレルギーが起きなければ問題はいですが、摂取量の調整ができないのは不安要素のひとつです。

 

【べガリア】
1箱通常価格:19800円⇒割引価格1箱13.860円
1箱内容量:120粒

主要成分:L-シトルリン、アカガウクルア末、L-オルニチン硫酸塩、トンカットアリエキス、マカエキス末(マカ抽出物、デキストリン)、亜鉛含有酵母、ガラナ末、金時ショウガ末、ニンニクエキス末、イチョウ葉エキス末、ムイラプアマ(地上部)エキス末、馬睾丸エキス末、すっぽん粉末、マムシ粉末、冬虫夏草菌糸体末、カンカニクジュヨウエキス、α-リポ酸、高麗ニンジンエキス末、クマザサ末、アリ末、サソリ末、蜂の子末、馬心筋エキス末、牡蠣肉エキス、パフィアエキス末、豚プラセンタエキス末(豚肉を含む)、プラセンタエキス末(ウマ)、デキストリン、ヒハツ抽出物 / ゼラチン、L-アルギニン、トレハロース、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、セルロース、ベタイン、香辛料抽出物、ビタミンB12、葉酸
返品保証:なし
送料:一律800円、離島1800円
送料無料条件:30000円以上購入

 

【バリテイン】
1箱通常価格:13800円
1箱内容量:3タイプ30粒ずつ合計90粒

主要成分:アルギニン、シトルリン、オルニチン、トリプトファン、亜鉛、トナカイの角、豚プラセンタ、馬睾丸、馬心臓、マムシ、スッポン、タツノオトシゴ、鯉胆、ウナギ、サソリ、サメ肝油、サケ白子、しじみ、カキ肉、ローヤルゼリー、トンカットアリ、マカ、ムイアプマ、にんにく、高麗人参、クコシ、カツアバ、田七人参、ガラナ、エゾウコギ、アカガウクルア、ワイルドヤム、アリ、冬虫夏草、クラチャイダム、霊芝、馬プラセンタ、水蛭、長寿草、アラビアガム、ジャムウ、ガリアン、スピルナ、エンジュ、ヘマトッカス藻、バリン、ロイシン、イソロイシン、グルタミン、リジン塩酸塩、ステアリン酸Ca、パントテン酸Ca、ヘスペリジン、ナイアシン、コンドロイチン、カミツレ、サンザシ、雪蓮花、フランス海岸松樹皮エキス、ウコン、マテ、メカブ、アスパラガスラセモサ、トンブリ、チンピ、ツルドクダミ、クマザサ、カンゾウ、山伏茸子、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンK、ビタミンB2、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB12、ビタミンE、葉酸、銅含有酵母、鉄含有酵母、クロム含有酵母、モリブデン含有酵母、マンガン含有酵母、コエンザイムQ10、プロポリス、レシチン、馬精製油、鳥骨鶏卵黄油、EPA含有精製魚油、DHA含有精製魚油、山西老脂肪濃縮粉末、ルチン、現状オリゴ糖、αリボ酸、D-リポース、アセチルグルコサミン、米、米胚芽、大豆発酵抽出物、大麦若葉、リンゴンベリー、赤ワイン、食用ブドウ油、トマト色素
返品保証:なし
送料:全国一律648円
送料無料条件:なし

成分はどちらも十分

ベガリアとバリテインを成分で比較するとどちらにもシトルリン、アルギニン、オルニチンが含まれており、最低限精力剤としての働きが期待できます。

 

漢方に近い成分もどちらにも似ているものが含まれていて、バリテインにはDHAやEPAなど血流促進成分も少量ながら含まれているようです。ベガリアは精力剤に特化した成分のみを含んでおり、バランス良く成分が含まれているという印象です。

 

ベガリアが適しているのは普段の食事と生活をきちんと調整できるという方で、炭水化物やビタミン類もバランス良く食事から補給できる方にはベガリアがおすすめです。

 

ベガリアならば、摂取量の調整をしやすいため、朝2粒、夜2粒で飲んでも良く、朝3粒、夜3粒で摂取することもできるでしょう。

バリテインはアレルギーに注意

ベガリアでも一部の人にはアレルギー症状が出る可能性はありますが、バリテインには烏骨鶏の卵黄油、大麦若葉、うなぎ、サメ肝油などアレルギー症状を感じてしまうかもしれない成分が含まれています。

 

含まれている量は決して多くないですが、少量でも長期間摂取しているとアレルギーが出てしまうことがあるので、いきなりバリテインを3箱、4箱と購入するのにはリスクがあります。

 

ベガリアもバリテインも最初は1箱だけ購入してリスクが生じないようなものであることを確かめてからまとめ買いをするのがおすすめです。

 

せっかくまとめ買いしてもアレルギーでそれ以上飲めなくなると2万円も3万円も無駄になってしまうので、最初のおためしでの1箱購入は単価が高くなってしまったとしても大切です。

まとめ買いならばベガリアがお得

ベガリアは5箱まとめ買いする場合は1箱あたりの単価は10000円未満になりますが、バリテインは5箱まとめ買いする場合でも1箱あたりの単価が10400円ほどになります。

 

決してバリテインもまとめ買いで欠点になるほど高いわけではないですが、少しでもトータルコストが安い方を選ぶならばベガリアがおすすめです。まとめ買いをする時にはサプリメントの賞味期限を意識して、1カ月1箱消費するペースを維持したほうがよく、飲むのが比較的楽でいちいち3種類を分けて飲まなくて良いベガリアのほうが飲み方も楽です。

 

ベガリアもバリテインも定期購入を行っていないため、いきなり精力剤が送られてくる心配はなくどちらも安心して購入できます。

 

トータルで考えればベガリアを選んだほうがより安全に近く、摂取ペースもコントロールしやすいので是非ベガリアを選んでみてください。

関連ページ

【ベガリアとヴィトックスα】どちらが効果ありそうか比較してみた
ベガリアとヴィトックスαの基本的な情報を比較すると、どちらも通常価格は同じ19800円です。ベガリアは内容量が1日2粒から4粒で1箱合計120粒ありますが、ヴィトックスαは1箱30粒しかなく、1日1粒確実に飲む感覚となります。この時点で考えると、ベガリアは摂取量を体質や成分への慣れに合わせて調整できますが、ヴィトックスαは調整ができないため、一度体調に問題があると飲み方を工夫できず、結局摂取を長期間辞めなければいけなくなるでしょう。
【ベガリアとゼファルリン】どちらが効果ありそうか比較してみた
ベガリアとゼファルリンを比較すると、ベガリアの通常価格19800円、30%OFF価格13860円、ゼファルリン1箱通常価格13800円です。通常価格で比較するとベガリアのほうが高く負担が大きいですが、割引後の価格ではゼファルリンもベガリアもほとんど価格は変わりないです。
【ベガリアとクラチャイダムゴールド】どちらが効果ありそうか比較してみた
ベガリアとクラチャイダムでは根本的に含まれている成分が異なり、価格や販売方法も全く異なるため比較対象としては適さないです。クラチャイダムゴールドは、入会金や送料、代引手数料など諸費用が無料で2箱60粒分を税抜き9000円で購入できます。
【ベガリアとザゴールド】どちらが効果ありそうか比較してみた
ベガリアとザゴールドを比較すると、ベガリアは通常価格19800円、30%OFF価格13860円ですが、ザゴールドは通常価格16980円です。通常価格ではザゴールドのほうが安いため、1箱だけお試しで使ってみたい方にはザゴールドもちょうどよいかもしれません。